株式会社 田中組

田中組社名板工事経歴

建設ICT / i-Construction

「建設ICT」とは

ICTとは「Information and Communication Technology」の頭文字を取ったもので「情報通信技術」と訳されます。 建設業に情報通信とは、あまり馴染みのない感じがいたしますが、最近は土木工事の現場において建設機械が高度に自動制御され、測量によって作成された3次元データを元に重機へ搭載された自動制御システムを用いて重機を操作する時代が来ております。

「i-Construction」とは

国土交通省により建設現場における生産性の向上を目的とした「ICTの全面的な活用」を推進する取組の事です。 当社でも国土交通省発注の工事において、ICTを活用した工事を行っております。

施工実例(盛土工事)

1.起工測量

UAV(無人航空機)やTLS(レーザースキャナー)による地形測量を行い、座標点としてデータを取得します。広い地形、高低差のある地形なども測量の高精度化、工期短縮が図られます。

2.点群処理

測量によって得られた地点データ群をコンピュータで3次元化します。3次元化により、従来の横断図作成や詳細測量は必要とせず、パソコン画面で細部を確認できます。

3.3次元設計

3次元データを使い施工後をイメージ化、数量や工程を正確に再確認できる。

4.敷均し施工

GPSと3次元設計データによる排土板の位置情報を取得し、敷き均す高さを重機へ入力する事で、自動制御された施工を行います。厚さ確認の測量や合図作業員を必要とせず、均一な厚さで安全に盛土施工ができます。

5.締固め施工(転圧管理)

3次元データによる、位置情報と転圧回数管理システムとの併用により、転圧回数の誤認識、端部未転圧を排除し高品質の締固め施工を行います。

6.転圧管理画面

実際に重機に搭載されたコンピューターによる確認画面

7.法面整形工

GPSと3次元設計データによる重機バケットの位置情報を取得し、盛土法面整形を行うことで、従来の丁張や合図作業員は必要としません。測量業務の省力化と安全作業の向上が図られます。

8.法切り管理画面

実際に重機に搭載されたコンピューターによる確認画面

施工前後比較

施工前

施工後